PHOTO VIEW
STATUS VIEW
HOME > Search > SHOW WINDOW

SHOW WINDOW

  • 2016-06-15 UP

ROOM TYPE

部屋 賃料 管理費 面積
3F ご成約済み - 59.5m²

DATA

住所 東京都渋谷区神宮前3
アクセス 銀座線「外苑前」駅 徒歩5分
銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅 徒歩8分
敷金・保証金 4ヶ月
償却
礼金 2ヶ月
更新料・再契約料 新賃料の1ヶ月分
契約内容 普通賃貸借2年
用途 オフィス
構造・規模 鉄筋コンクリート造地上4階建
築年数 1979年
設備 エアコン1基,トイレ(残置),ミニキッチン(残置)
保険その他 火災保険加入義務有
備考 ※掲載写真は前回募集時のものとなります。
※建築家・椎名英三設計

STYLE

  • アーバンライクな働き方を満喫する
  • 空間を満喫した働き方を愉しむ
  • 景色・眺望を愉しみながら働く
  • 個性ある働き方にこだわる
  • とことん働く
  • ステータス感を愉しみながら働く

INFORMATION

仲介会社 株式会社CityLights Tokyo
担当者 諏訪部 荒井
所在地 東京都渋谷区神宮前5-29-9#802
免許番号 東京都知事(1)第96691号
取引態様 媒介
感度の高い人々が集う、青山周辺エリア。メインとなり得るスポットが多いからか、呼びやすい名が付けられた通りも多い。その中でも変わっているといえば、曲名にもなった”キラーストリート”。今回の物件は、そのキラーストリートの中でもよく知られる、ワタリウム美術館のお向かいさんに位置する。目の前にある交差点は、表参道より続くまいせん通りとの交差路だ。外苑前からはもちろん、表参道からも徒歩8分程。どちらからのアクセスを選んでも、ジャンルを問わず充実した道のりになっているので、訪れる人を飽きさせることはないだろう。

建築家の椎名英三氏が手がけたというこちらの建物。スッキリとした中にセンスが伺える外観も印象が良い。ワタリウム美術館と道路を挟んで見上げると、この境域のエリアがぐっと魅力的にうつる。1Fには、それこそ名の知れた、ミナペルホネンのショップが店を構える。そしてここ3Fには、著名な海外アパレルの日本事務所が20年以上入っていたらしい。今回は、新築以来はじめての募集となるそうだ。室内はすでに原状回復されてしまっており、その年月で蓄積されたであろう”味”のようなものは、身を潜めてしまっている。照明はところによりダウンライトだったり、蛍光灯がおさまっていたり、テイストがちぐはぐな部分もあるが、玄関先のアールを描く大きな窓や、ななめに貼られ、空間に広がりを感じさせる床の工夫など、ポテンシャルは持った空間だといえよう。

立地からして、オフィスだけでなくショールームを兼ねるのにも適したこちらの物件。間取りは1ルームだが、形がやや変わっているので、ゆるやかに空間の役割を分けることができそうだ。入ってすぐの視認性もあるエリアは、もちろんショールーム。交差点に向かって切り取られた窓は、信号待ちの人々の目に多く留まるだろう。奥はワークスペースで、水回り前にあるさりげない窓際の空間は、ミーティング&くつろぎスペースとすると具合が良さそう。このままの状態でももちろん使えるけれど、欲を言うならば、天井を抜き、照明はレールにスポットライトとし、床は本物の木を用いたフローリングにするなど、どこかあとほんの少しだけでも空間の色気を惹き出したいところ。
夜になり空が暗くなるにつれて、暖色系に照らされていく室内は、ゆるやかな弧を描く窓越しにより魅力的にうつるだろう。自分たちで生み出した商品はもちろん、窓越しに垣間見える自分たちの働く姿も、プロモーションの一貫となりうる空間だ。このスペースそのものをショーウィンドウ越しの空間と捉え、生み出す商品のみならず自分たちのワークスタイルもひっくるめて、この先どうやってブランドを確立し続けていくのか。この空間とともに模索し、是非探し当ててみてほしい。

EDITOR'S EYE

近くには、ジャンル豊かな食べ物屋さんが点在しており、ランチや夜食に困ることはないであろう。特に気になるのは、世界のあらゆる食文化を体験できるWORLD BREAKFAST ALLDAY。朝ご飯と言いつつも、ランチや早めの夜ご飯までなら空いているようなので、新たなひらめきへの刺激がてら、ぜひ訪れてみてほしい。