OFFICE ORDER
FIND THE OFFICE
必須入力です
必須入力です
必須入力です
必須入力です
必須入力です
必須入力です
必須入力です
希望面積※坪〜
必須入力です
必須入力です
希望エリア※
必須入力です
最寄駅徒歩分数
必須入力です
JOIN US
TWS MEMBERS
Answer
2019-04-27 UP

EDIT

>>LOCATION
道幅も広く、緩いカーブで視界が広がるキラー通りを進む。青山通りからまい泉通りの出口あたりまでは、路面店舗も多く歩く楽しみもあるが、ワタリウム美術館を超えたあたりから、店舗・人影もまばらになり、車が行き交う通りや脇にそびえる建物に目をやる時間が増える様な印象だ。今回の建物は正面からだといわゆるテナントビルといった表情だが、脇から眺めた際のシャープでエッジの効いた姿が特徴的。歩道から2Fへ上がる階段の奥に隠れた、引っ込み思案な1F路面区画を見つけた。

>>SPACE
室内は、前テナントの内装を解体したフルスケルトン状態。建物形状が歩道に向かい小刀の様な形状となり、刃先部分のエントランスはエレベーターなどにより限られたスペースであるが、柄の部分となる室内空間に入ると、奥にある大きな窓と余裕ある天井高のおかげで、思った以上の広がりに驚く。建物裏側には、住宅街との間の路地があり、路面区画では比較的珍しい二面採光を確保。抜け感とまでは言わないが、実面積以上の広がりを感じる空間だ。閉鎖的過ぎず、かと言ってどこからでも視線を感じる様な明け透け感もなく、外部とのつながりが絶妙なバランスによって成立している空間と言えるだろう。

>>HOW TO USE
通り沿いの路面区画とくれば、その視認性を活かして店舗を、と考えてしまうが、この物件に限って言えば、歩道を歩いていても視界に入る時間はそこまで長くない。であれば思い切ってクローズしてしまうというのもアイデアとしては面白いかもしれない。幸いにも外部への発信方法はSNSなど、様々な手段が考えられるこの時代だからこそ、敢えて視線を遮り、その分室内へ招いた時のギャップを演出してみる。フルスケルトン状態で、その坪単価や設備・内装工事の重さを考えると、簡単なチャレンジではないが、特徴的な外観含め力の入れ甲斐はあると思える空間だ。立地や路面という要素を足し算するありがちな計算式で答えを出すのではなく、オリジナルな発想でこの空間の利用の正解を、導き出していただきたい。

EDITOR’S EYE

2006年のグッドデザイン賞にも選ばれたこの建物。スケルトン状態ではあるが明るいせいなのか、無機質すぎる印象もない。店舗はもちろんだが、事務所としても十分居心地の良い空間になり得るだろうと感じる。
上階の2F区画も現在募集中。こちらはテラスの様な共有部もあり、一味違った面白さのある空間だ。

ROOM TYPE

部屋 賃料 管理費 面積
1F ご成約済み - 138.28m²

DATA

住所 東京都渋谷区神宮前
アクセス 銀座線「外苑前」駅 徒歩7分
千代田線・副都心線「明治神宮前」駅 徒歩10分
用途 ショップ、オフィス、ショールーム
構造・規模 S造・RC造地下1F地上5F建
築年数 2006年3月
設備 スケルトン 
敷金・保証金 8ヶ月
償却
礼金 1ヶ月
更新料・再契約料
契約内容 定期借家契約3年以上
保険その他 火災保険加入義務有り
備考 飲食店舗は要相談となります。

STYLE

\URBAN アーバンライクな働き方を満喫する
\SPACE 空間を満喫した働き方を愉しむ
\CHARACTER 個性ある働き方にこだわる
\EASY のんびり働く

INFORMATION

仲介会社 株式会社CityLights Tokyo
担当者 津久井 荒井
所在地 東京都渋谷区神宮前5-29-9#802
免許番号 東京都知事(2)第96691号
取引態様 媒介
SHARE